山本観光果樹園(北海道余市)のさくらんぼ狩り

数年ぶりに余市の山本観光果樹園さくらんぼ狩りに行ってきました。例年6月下~7月いっぱいぐらいまで楽しめるレジャーとなっています。

 

北海道の果物狩りといえば真っ先に名前が上がるのが山本観光果樹園です。ネットで現在の果樹園の状況なども提供されていますので、お出かけ前に必ずチェックしてから出かけましょう。

 

札幌からは高速を使用すると40~50分で果樹園に到着できますよ。JRなどですと余市駅からは結構離れていますのでタクシー利用ですね。

 

 

山本観光果樹園  開園時間 9:00~17:00

 

 

さて、一言申しておきたいのが高速道路についてです。札幌方向より小樽を過ぎてから余市までは谷の上に橋をかけて渡っていく箇所がとても数多くあるんですよ。高所恐怖症のワタシは何回も気絶しそうになりました。そうですねダムに行ったことがある人はわかると思うのですが、あのダム壁の歩道を歩いている感じです。クラクラって...免許返上しようかな。頼みますからもう少しフェンスを高くして下さい。(すごくフェンスが低いです)

 

と、難儀しながら何とか山本観光果樹園に到着。 さあ、ここからは楽しいお話をしますよ。

 

山本観光果樹園の周辺は多くの果樹園があります。余市と仁木はそういう果物狩りエリアなのです。

 

その中でもあえて山本観光果樹園に行くメリットは、その果樹園の広大さです。期間中、相当な人数がさくらんぼ狩りに訪れるはずですが、全然余裕なキャパがあります。無料駐車場も200台の規模となっており安心です。なので我が家はいつも山本観光果樹園です!(何ももらっていませんよ)

 

さて受付です。 さくらんぼ狩り食べ放題の基本料金は大人1,200円子供950円でした。 お土産のさくらんぼを持って帰る場合は500g分のさくらんぼお持ち帰り権利付きで大人2,000円、子供1,750円となります。

 

本日はそんなにお土産不要ですから、一人分だけお土産付きにしました。 帰りに計量があり500gを超えるた分は追加料金で精算となります。100gにつき、216円(税込)でした。

 

 

さあ、受付で入場券を買ったら、果樹園入り口から入場です。 種吐き出し用のトレイとお持ち帰り用トレイをもらいレッツゴー!!

 

 

入場場所で本日の状況について説明を受けた。熟れて美味しいさくらんぼがたくさんあるとのこと。これはとっても楽しみですねー。

 

 

あとは説明不要ですね。 ...食い散らかしてきました。

 

 

いろんな品種がありまして、木には品種の名前がかかっていてわかるようになっています。この食べ比べが楽しかったなー。早めに熟す品種、遅めに熟す品種、色々あるみたいです。あと、同じ品種でも木によって味が全然違うので、おいしい木を見つけたら場所を良く覚えておきましょう。(数箇所回ってまたこの木に戻ってくるためにです)

元祖佐藤錦の文字...本場・山形から海を渡ってきたのかなー。

 

お土産用には美味しかった木の綺麗なさくらんぼをチョイス。 脚立を使って木の上の方を攻めます。

脚立を使って高いところにある綺麗なさくらんぼを狙う

 

お土産用です。計量したら560gぐらいでした。

 

 

気がつくと1時間半程度が経過していました。 お腹もいっぱいなのでこの辺りで終了とします。 太陽の下、散歩しながらさくらんぼ狩りって感じで気分が良かったです。みなさんも機会がありましたらチャレンジしてみて下さい。

 

 

<