台風19号でホームレスたちは避難できず、人間であることを非難された

台風19号でホームレスたちは避難できず、人間であることを非難された
スポンサーリンク

2019年10月12日に日本へ台風が上陸。翌日のテレビで河川が氾濫し被害は甚大でした。おそらく後世に語り継がれる台風となるのではないでしょうか?

私はあるニュースで、このスーパー台風で非難が必要だったこの時、人間の命がハッキリと色分けをされた事件を見つけました。私は到底このことを許せません。

東京でホームレスが避難所に入所出来なかったのです。

私はこのことをずlっつと記憶に留めておきたいので、ブログに書き起こしました。

台東区がホームレスの避難所利用を拒否

ネット上でも様々な意見があがっています。私も避難所に避難して隣にホームレスがいたら不快には思うでしょう。でも見殺しにするような社会は許せない。こんなんだと道端で餓死してる子供を見捨てている映像を見たことがあるような、北朝鮮と同じだよ。助けなかったり、追い返してはいけません。

命の色分けはいけません。ましてやお役所がそれをしたらダメでしょ?

避難所は住民専用なの?

この台東区の案件では「区内に住所がない」ことを理由に避難所の利用を断ったとのことです。それなら、台東区で災害にあったら観光客や仕事で来ている外部の人は利用できないんですよね。

▲この方の意見に大賛成です。

税金を払っていないから当然という意見

税金を払ってさえいればよいのでしょうか? ホームレス達だって全く買い物をしないわけではなく間接的には税金を払っています。

きちんと「会社に行って、働いて、税金払って」なんていっている会社員だって(モチロン私もそうです)、たかだか年間数十万円であることでしょう。

税金というものは払える人が払って世の中を良くするために使われるのであって、払った分だけ公共益を使えるという基準ではないと思う。

 

日本が素晴らしい国であるために

諸外国から、サッカーやラグビーの国際試合でも、震災時の対応についてでも、いつも日本は素晴らしい国だと評価されます。

どんな時でも思いやり、おもてなし、規律を守る...多くはそんなイメージで日本は見られていると思います。

素晴らしい国であり続けるために...先ずは自分たちの町から、きちんとした暮らしや仕組みを作っていきたいですね。