町中華 北海道八雲町「きりん」のチャーハンをいただきます!!

北海道の八雲町「きりん」のチャーハンをご紹介。実は私だいはーどの大好物です。

 

 

皆さん八雲町はご存知でしょうか? 函館から70kmほどの町です。 イオンやホームセンターなど買い物する場所が充実しており、近隣町村からの人でまあまあ賑わっている町です。

 

 

実は昔、八雲町に2年ほど住んでいた私。きりんチャーハンは週に2回ペースで食べてましたね。独身で外食が多かったなー。

 

 

今でもたまに仕事で行くことがあるのですが、ついぶらりと寄ってしまいます。すごい吸引力だ!!

 

 

さて、みなさん、チャーハンはパラパラが理想ではないですか?

 

 

実はこの話奥が深いんです。おそらく正統派な中華料理人としてはパラパラとしていないと火を使えていないことになりOUTというのが定説ですよね。

 

 

しかしながら、町の中華屋のベットリとしたチャーハンが大好物な人がいることも事実です。一説によると中華スープを混ぜ込みながら作る店もあるとか...。魅力的です!!

 

 

何を隠そう私もそのベットリ好きな一人です。小さい頃に食べていたラーメン屋がベットリ系でその影響をモロに受けておりましてね。チャーハンといえばベットリ系大好物です。この世からベットリチャーハンがなくなってしまったら私は生きる希望がありません。 いや、痩せて健康的な暮らしができると思いますけれどね...気がつけば99kgになってましたから...猛省です。

 

 

さて、きりんのチャーハンです。カウンターに座って厨房を見るとすごくフライパンの使い方が上手です。これではパラパラになってしまいますよー。って何を期待しているのでしょうか?

 

 

結論を言いますと、麒麟のチャーハンは半ベットリ状態です。カリカリしている部分が香ばしく大変美味いです!! ラード使ってるんだろーなー、この旨味は。

味が濃い、脂が濃い、スパイシーな一面もあります。 んー、美味いんだよー、助けてください、助けてくださいーっ。【八雲の中心でチャーハン愛を叫ぶ】

 

 

...太るよ。...間違いなく。 お値段は648円(税込)です。

 

見た目はちっちゃいですが中にどかっと詰まっています。私は普通で充分だなー。昔は大盛りばっかり食ってたんですよ。

 

スープも忘れずいただきましょう!!

 

 

八雲の名店:「中華らーめん きりん」〒049-3107 北海道二海郡八雲町本町219

八雲駅前の通り沿いにあります。八雲駅から徒歩約3分です。定休日は毎週日曜日。

 

新聞や雑誌がたくさんありますのでゆっくりしていっては如何でしょうか?

昼は結構混みますけれどね。

みなさん、お近くにお寄りの際はぜひ行ってみて下さいねー。