フットサルシューズKID’S用にマジックテープという選択

フットサルシューズKID’S用にマジックテープという選択
2019-05-20
スポンサーリンク

フットサル教室の必須アイテム。

 

 フットサル教室に小学生の子供を通わせているお父さんお母さんは悩んでいる方が多いのではないでしょうか? マジックテープ仕様のフットサルシューズを買いたい時の悩みです。大人にとっては紐シューズが普通なのですが、Kid’s用のフットサルシューズにはマジックテープ仕様が大きく幅を効かせています。

 

マジックテープで良いの?

 

 わたしの子もフットサル教室に通っている小学生。今までのシューズがキツくなってきてシューズを買い換えなければなりません。ちょっとした出費とはなりますが子供の成長は嬉しいものです。お金には換えられませんね。

 

 わたしの子は以前一度紐シューズを購入してしまったことがあります。そのシューズを使用していた時期はフットサル教室の受講中に紐がほどけてしまい楽しいサッカーに集中できなかった時間が大変多くありました。そんなことなら、難のないマジックテープシューズを与えたほうがストレスなく授業に集中できるので良いと思います。サッカーが嫌いになっては本末転倒ですよね。色々な考え方はあると思いますがわたしはそう思います。

 

  今でも我が子は紐を結ぶのが大の苦手。 今回の購入もマジックテープが譲れない必須条件とのこと。私に似て頑固に育ちました。甘やかして育てていますが彼が気持ちよく心身を鍛えるためのサッカー教室に通えるため、ここはひとつ頑張ることとしましょう。

 

どうやって買うの?

 

 わたしは札幌市近郊に住んでいます。ちょっと田舎な街ですがスポーツ店ぐらいは複数あります。でもなかなかKid’s用フットサルシューズを展示している店はありません。おそらくカタログ等を見て取り寄せてもらい買うことになるのでしょうね。

 街のスポーツ店はそんな感じですが、わたしは車で30分も走れば大型量販店のある札幌市に行くことができます。それらの店ではフットサルシューズが数多く展示してあり、試し履きをすることもできます。 

 

ネットで買うために。重要な基準

 

 大型量販店が遠い方、あまり購入を急がないような方はネットで買うのが便利ですね。デメリットとしては試し履きができないことです。うまくいくかどうかなかなか踏み切れない方もいるのではないでしょうか? 実はわたしは今までのシューズをすべてネットで買っています。

 ネットの購入では失敗しないために大事な基準があります。それは足囲という基準です。おおまかに言うと足の幅や高さの基準ですね。シューズによって2E基準とか3E基準とかが設定されています。こちらの基準は大変売れている大手スニーカー(シュ○ソクとか○ネのチ○ラ)にも設定されています。なのでおおよその目安をつかみたければ、代替としてこれらのスニーカーの2E、3Eなどを試し履きするのも一つの手です。(大きくは違わないはずです)ちなみに我が子は甲高の足をしていますので3E基準のものにて選定を行います。

 

トレーニングシューズという選択

 

 最近は人工芝のフットサル場も増えています。そういう条件であればサッカーの「トレーニングシューズ(人工芝対応)」なども使えるかもしれません。使用ルールはその教室、会場によって違いますのでご自分でよく確認してください。
 我が子のサッカー教室は人工芝だったので、今回はトレーニングシューズから購入を決めました。

 

   ー ミズノ レビュラを購入しました -

 

 

 

 

マジックテープと決別するときは必ず来る。

 

 マジックテープのフットサルシューズ。多くのブランドは21cm前後までの設定となります。23cm以上になると設定があるのはおそらく2社程度となり、ほとんど購入ができなくなります。こうなると紐シューズに切り替えるほかないですね。

 最初は試合中に紐がほどけてプレーに集中できないかもしれませんが、その中で結べるようになっていくのがあるべき姿かと...。紐シューズを嫌がるお子さんいますよね。我が子もそうです。紐シューズはカッコイイモデルが多いですから、そのへんをアピールして上手くお子さんを誘導してみては如何でしょうか。