小樽市西部、日本海に突き出した忍路半島とその基部に位置する地域名です。ここも漁港の町ですね。忍路の地名の由来はアイヌ語の「オショロ・コッ」で「尻のような窪み」という意味があります。なかなかの景勝地で手漕ぎボートの釣り船なんかもやってます。昔、ここで転覆したことがあります!!