菊池桃子の殺され方がひどい 「ボイス110緊急司令室 第一話」 一部ネタバレあるかも!

あんなに楽しみにしていた日テレ系2019年・夏の新ドラマ「ボイス110緊急指令室」

 

菊池桃子ファンであるワタクシにとって、菊池桃子がなぶり殺される冒頭10分間のシーンは地獄の時間となりました。

前回の記事も書いてみましたが、この数週間ずっと楽しみにしていたんですが...。

 

第2話感想も書きました!

キャスティングや第一話のストーリーについて

警察
樋口彰吾:唐沢寿明
橘ひかり:真木よう子

樋口の妻
樋口末希:菊池桃子

なんだよ、このキャスト説明...我ながらやる気ないなー。

ジャニーズファンからは苦情が来そうですね。省略しすぎです。

増田貴久も唐沢の弟分役で、爽やかな演技でしたよ!!

 

ストーリーやキャスティングについての詳しくは日テレのHPで見てね!!見逃し配信もあるよ!!

菊池桃子の死亡シーン

ドラマ開始、場所は「みなとみらい」ですね。花火大会の傍ら、廃墟の暗闇で殺人犯に追い詰められる樋口末希(菊池桃子)。

すでに靴は脱げ、顔は出血しています。

事件とは無縁そうなかわいい奥さんの未希さんに一体何があったのでしょう。

SOS...旦那へ携帯かけるも出てもらえず。 そして警察へ110番したのが命取りへ...。

犯人から隠れるため一度は警察との携帯を切るも、警察からまさかのリダイヤル...。

ピピピピピピピピ...と着信音。せっかく身を潜めていたのに犯人にバレてしまうのです。

「や、やめて、殺さないで」と犯人に懇願も、倒されて、足を踏みつけられ、大きな鉄の塊で何回も何回も殴られて...。

映像は血しぶきも上がる残虐なものでした。

まるで何年間も一緒に暮らしている家族が殺されるのを見ているような悲しみが胸を覆いました。

いままでドラマを見て、こんな感情になったことはありません。

 

それにしても、桃子さん新境地の演技でしたね。命を奪われる切迫感を感じました。

未だかって桃子さんが死んだシーンをワタクシは見たことがなかったです。

よくこんなキャスティング持ってきましたよね。

今後の展開が気になります

前述の桃子さんの演技もあり、ずるずるとドラマに引き込まれていったワタクシです。

番組の後半は事件から三年後に元強行犯一係の樋口彰吾(未希の夫)と元科捜研の橘ひかりがタックを組んで事件を解決へ(すると思います)。

今後はしばらく、真木(橘ひかり)唐沢(樋口彰吾)の信頼関係の構築に注目していくことになりそうです。

捕まえてやるぜーっ!!

 

まだ得体が知れませんが、大きく隠されている真実が気になります。組織ぐるみのニオイがしますね。

本作は韓国の作品で、調べれば結末はリサーチできそうだけれども、そんなことはせず毎週の楽しみとしていきたいと思います。

 

菊池桃子さんはあまり出てこ無さそうですが、純粋に第2話が楽しみです。

 

なんか感想だけのブログになりましたが読んでくれてありがとうございます。

ドラマの画像とかは著作権とかあるのでワタシは使いませんでした!

 

それでは、したっけねー!!